林威助の軌跡。林威助応援ブログ。

林威助の軌跡。林威助応援ブログ。
林威助と阪神タイガースを応援するブログです。林威助を一緒に応援しましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

勝てなかった・・・けど負けなかった!

16日の大逆転の猛攻が嘘のように、昨日の試合は打線が沈黙でした・・・。相手の成瀬投手が良かったと言えばそれまでですが、なんとかならんかったのかなー?

林威助人気ブログランキングへ

でも負けなくて良かったー!ほんとジャン、久保田、ジェフ、球児のおかげですね。かなり強引なリレーだったので、絶対に負けは許されない試合でした。

それにしても、早稲田大学の斎藤祐樹投手の勝ち運は凄いですね!自分でも言ってたけど、何かを持っているとしか思えないような快進撃です。

交流戦もいよいよあと4試合で、残りは全部甲子園なので、何とか3勝1敗くらいで乗り切って、今度こそ流れに乗って欲しいですね!

林威助人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

林威助プロフィール

名前 林威助(リン・ウェイツゥ)
生年月日 1979年1月22日
出身地 台湾台中市
投打 左投げ左打ち
身長 178 cm 体重 79 kg
球歴 柳川高校→近畿大学→阪神タイガース(2003年~)
ドラフト年度・順位 2002年7巡
守備位置 外野手・一塁手

人気野球ブログランキングへ


林威助は、中華民国国籍であるが、高校・大学と日本球界でプレーしていたため日本人登録選手の扱いとなっている。

日本暮らしが長いので日本語も流暢であり、逆に母国語である中国語は少し忘れかけているらしい。

アメリカメジャーリーグのバリー・ボンズ選手を真似た豪快なバッティングフォームが魅力。目標としている選手は同じ台湾出身で阪神の先輩・大豊泰昭である。

人気野球ブログランキングへ

林威助台湾代表歴

2004年 アテネオリンピック出場

2006年 2006 ワールド・ベースボール・クラシック出場

台湾の興農ブルズの4番打者である張泰山を抑えて4番に座った。

人気野球ブログランキングへ

アジアラウンドの日本戦ではタイガースの同僚藤川球児と対戦し最後の打者になってしまった。

同年 ドーハアジア大会出場

6番左翼として出場。最終戦で日本を破り母国に金メダルをもたらした。

人気野球ブログランキングへ

林威助プライベート

私生活では、柳川高校時代、取材を通じて知り合ったTVQ九州放送アナウンサー吉松孝と親交が深い。

林威助の歴史について、自身のブログ(吉松鷹志として記載)やホームページなどで、詳細に記述している。

2006年5月台湾で発売された「壹周刊」254号には、林を特集する際、吉松の写真やコメントが掲載され、台湾でも注目を集めた。

人気野球ブログランキングへ

林威助プロ入り後

2004年10月16日には公式戦プロ入り初スタメン初安打・初打点をマーク、大器の片鱗を見せた。

人気野球ブログランキングへ

翌2005年は出場機会は少なかったが主に代打で活躍し、優勝決定後にスタメン出場の機会が巡ってきた10月4日の横浜ベイスターズ戦では、三浦大輔から一軍初ホームランを放つなどして、今後への期待が大きく高まった。

2006年には、左の代打の切り札として積極起用された。スタメンとしてはセ・パ交流戦では数試合のみではあったが指名打者 (DH) で出場機会があった。

豪快な打撃が魅力ではあるが、課題は守備。出場機会を増やすために一塁手なども試してはいるものの、今後のスタメン定着のためには守備力の向上が課題となる。

京セラドーム大阪との相性がとてもよく、16打数6安打内3本がホームランとなっている。(2007年3月30日現在)

人気野球ブログランキングへ
人気野球ブログ
最近の記事
RSSフィード
キーワード

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO
  • seo

タイガースroom
自己紹介



名前:まっさん
年齢:32歳
ファン歴:22年
家族:阪神ファンの妻と息子1人
趣味:野球バカ
一言:へたな文章でごめんなさい。

ランキングに参加中です。ぽちっと押してもらえると嬉しいです^^

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。