林威助の軌跡。林威助応援ブログ。

林威助の軌跡。林威助応援ブログ。
林威助と阪神タイガースを応援するブログです。林威助を一緒に応援しましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

さー今シーズンの始まりです!

今のタイガースは、どんな試合展開でも勝利することができるような粘り強さがあります!昨日も、難敵川上からワンチャンスをものにした見事な逆転勝利で、初めてのナゴヤドーム3連勝、そして遂に借金を完済しました!!3日連続の厳しい試合お疲れ様でした。感動をありがとう^^

人気野球ブログランキングへ

ボーグルソンと川上憲伸の先発で幕を開けた昨日の試合、川上は初回から気合十分の投球で、ボールの切れもコントロールも申し分なしの出来でした。正直打てる感じがしない・・・。

しかし、帰ってきたボーグルソンが、川上の気合に触発されたのか、今シーズン1番の調子で、5回までを3人ずつきっちりと抑えるナイスピッチング!高めに浮いた球で危ない打球を打たれたときに、キャッチャーの矢野に「もっと低くだよね」という事を、ゼスチャーで確認していた場面があったけど、今までにない冷静さを感じました。1.2戦目とは全く違う緊迫した試合展開で、進行スピードも速い速い。

そして、6回裏に遂にゲームが動き、中日の李炳圭に内角高めのストレートをホームランされ1点を先制されます。さらに2アウトから、井端と荒木のコンビで1,2塁のピンチを作られる嫌な展開、しかし続く井上をサードフライに抑えて最小得点の1点で凌ぎました。これが大きかったー!

ベンチ前で円陣を組んで臨んだ7回表、川上に相性の良い先頭シーツがセンター前にはじき返し無死一塁。そして、それまで抑え込まれていた金本が、初球の甘く入ったストレートを逃さず、打った瞬間それと分かる豪快なホームランをライトスタンド上段へ叩き込み、何と3球で逆転し2対1とリードを奪う!!やっぱりアニキは頼りになるし、全く怪我を感じさせない所が本当に凄い。

このホームランだけで終わらないのが、今のタイガースの勢い。林君があともう少しでバックスクーリーンへのホームランという三塁打を放ち、無死3塁に。続く桜井広大のセンターへ抜けようかという打球は、川上の鬼気迫るフィールディングで阻まれるも、矢野がレフトへきっちり犠牲フライを放ち、貴重な追加点が入り3対1に。

逆転してすぐの大切な7回裏は、3連投目のダーウィン。ウッズ・森野・中村紀と一発のある選手が続く打順を、見事3者凡退に抑えてくれるナイスピッチング!今回の3連戦でのダーウィンの活躍は、本当に素晴らしく、緊迫した場面でも大丈夫な事を証明してみせました!これで、ウィリアムズが戻ってきた時に、外国人の誰を2軍に落とすかという嬉しい悩みが増えましたね。

2点リードで残すは2回、後は久保田と藤川でひと安心^^とはいかないのが中日戦。久保田にいつもの切れがなく、李・谷繁・代打立浪の3連打であっという間に1点を返され3対2に。井端が四球で歩き、絶対絶命無死満塁の大ピンチ・・・。久保田に疲れがあるのは当然のことで、失敗したとしても彼を責める人は誰もいないと思うので、後は神に祈るばかりでした。

しかし、開き直った久保田は凄い!嫌らしい荒木を、全部ストレートでセカンドゴロに抑え込み、まずは1アウト。続く井上には、ストレートを必死でファールし粘られるも、最後はスライダーをここしかないという、内角の膝元に落とし空振り三振!!最後の力を振り絞って、本当に良く凌いでくれました。ナイスピッチング!

なおも2死満塁でウッズを迎える場面。解説の小松さんはそのまま久保田で良いと言っていたけど、あそこでの球児へのスイッチは当然ですよね。球児への負担は当然心配だけど、久保田とウッズの相性と、借金返済、名古屋ドーム3連勝など、この試合に勝つことで得られる、計り知れないプラスの要素を考えればあそこまでいって絶対に落とす事はできません。

投手交代の時、久保田は球児が出てくるまで待っていて、すれ違う時に球児に「こら!」って笑いながら言われているように見えました。久保田も「ごめんな」とか「頼むな」みたいな事を言ったんでしょうね。こういったJFKの信頼関係も、厳しい連投にも耐えられる力の一つになっているんでしょうね。何かグッとくるものがありました。

そして、2戦目に続いての球児対ウッズの対決!でも、2戦目とは全く違う緊迫した場面。1球目は真中外よりの直球で空振り。2球目のフォークは引っかかって危うくワイルドピッチになるところでした。3球目は真中へ行ってしまった直球で空振り。4球目は真中外よりのストレートをファール。最後はやっと狙い通り高めの直球が決まり、空振り三振で見事にウッズを撃沈!凄い!!凄すぎる!!!ありがとう球児^^

9回裏は、イニングをまたぐことと、ウッズとの対戦があまりに痺れる場面だったことから、気持ちの面で少し心配したけど、球児にはいらぬ心配でした。進化している球児は、森野・中村の打ち気をあざ笑うかのように、フォーク主体のピッチングで連続三振!最後は、この日当たっていた李炳圭のファールフライを、金本がフェンスを恐れぬスーパーキャッチでゲームセット!!球児も大喜びでしたね^^

本当に全員が一丸となって勝ち取った名古屋ドームでの3連勝(チームは5連勝)は、勢いに乗れるそしてチーム力が確実にアップ出来るような、素晴らしい戦いでした!次の対戦相手の横浜は、三浦大輔をあえてタイガース戦に持ってきたようで、これも厳しい戦いになるとは思いますが、また全員野球で勝利してくれることを信じています!!

頑張れタイガース!!!

人気野球ブログランキングへ
スポンサーサイト

藤川球児プロフィール

名前・・・・・藤川球児(ふじかわきゅうじ)
背番号・・・・22番(2005年~)92番(2002年~2004年)30番(1998年~2001年)WBC(2006年)は24番
投打・・・・・右投左打
守備・・・・・投手
生年月日・・・1980年7月21日
血液型・・・・O型
身長・・・・・184cm
体重・・・・・83kg
出身地・・・・高知県高知市
推定年俸・・・1億7000万円(2007年)
球歴・・・・・高知商業⇒阪神タイガース(1998年ドラフト1位)

藤川球児エピソード(ウィキペディアを参考にしました)

■球児という名前の由来は、草野球の試合で父親がノーヒットノーランを達成した翌日に生まれたからと言われている。
■プロデビューから球速が10~15km/h以上アップしている。
■1997年夏の甲子園大会では、兄の順一捕手との兄弟バッテリーで出場した。
■あの清原発言に対して「あの発言でストレートをもっと磨かないといけないと思いました。清原さんは僕にアドバイスしてくれたんだと思っています」とコメントして、大人の対応として評価された。
■中学校時代に溺れている人を助けて表彰されたことがあり、「九死に一生スペシャル」というテレビ番組で取り上げられた。
■高知商業では、広末涼子さんと同級生で、入団当初は広末の同級生の藤川でちょっとした話題になった。

藤川球児の主なタイトルと記録

■2005年80試合登坂(シーズン最多登坂日本記録)
■47回2/3連続無失点(阪神タイガース球団記録)
■38試合連続無失点(セリーグ記録。パリーグが不明なので暫定日本記録らしい)
■最優秀中継ぎ投手(2005年・2006年)
■最優秀バッテリー賞(2005年)


藤川球児関連グッズ一覧

藤川球児ベースボールヒーローズカード

人気野球ブログランキングへ

オールスター第一戦

昨日のオールスター第一戦は、オールセリーグが4対0でオールパリーグに勝ちました。MVPは、7回に均衡を破る2ランホームランを放ったヤクルトのラミレス選手です。お約束のパフォーマンスを連発していましたね^^

人気野球ブログランキングへ

タイガースの久保田投手が7回を3人9球で抑えて見事初勝利!今年は本当に頑張ってくれているので、良かったです。まさに「久保田、久保田、雨、久保田」ですもんね。

球児投手もセリーグの9人リレーの大トリを、公約どおりストレート一本で三者凡退に抑える完璧な締めくくりでした!最後の打者が楽天の高須選手だったので、ちょっと3者連続三振とはいきませんでしたね。昨日のリレーで最後を締めたということは、セリーグNo1ストッパーの証ですよね^^

それにしても、ダルビッシュ投手は良いピッチャーになりました。完投能力も抜群だし、速い球が投げれて、しかもあのルックスときたらスター候補ナンバー1の逸材ですね。小笠原選手との対決はなかなか見ごたえがありました!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000025-nks_fl-base

人気野球ブログランキングへ
人気野球ブログ
最近の記事
RSSフィード
キーワード

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO
  • seo

タイガースroom
自己紹介



名前:まっさん
年齢:32歳
ファン歴:22年
家族:阪神ファンの妻と息子1人
趣味:野球バカ
一言:へたな文章でごめんなさい。

ランキングに参加中です。ぽちっと押してもらえると嬉しいです^^

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。