林威助の軌跡。林威助応援ブログ。

林威助の軌跡。林威助応援ブログ。
林威助と阪神タイガースを応援するブログです。林威助を一緒に応援しましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

矢野輝弘の決勝打で首位と3.5ゲーム差!!

タイガースがヤクルトとの接戦を制し、貯金が2になり首位と3.5ゲーム差です!!これで、阪神タイガースの7月は、15勝6敗の見事な成績で乗り切り、いよいよセリーグが面白くなってきました^^

人気野球ブログランキングへ

【1番・鳥谷敬】4打数ノーヒットで、昨日の打ち疲れなのか、今日はちょっと結果がでませんでした。

【2番・赤星憲広】4打数1安打。初回のヒットは赤星選手らしい見事な流し打ちでした!もう3割が目前なので、明日一気にいけそうですね!

【3番・シーツ】 3打数0安打1四球。初回の併殺打は、結構良い当たりだったけど残念でした。シーツ選手は打てなくても、守備の貢献度は本当に大きいです。慣れないサードでも無難にこなしてくれ、最後に守備固めでファーストに戻る。今のタイガースには、かかせない選手です!

【4番・金本知憲】 3打数0安打1四球1得点。2回の先頭打者で、苦手の石井一久投手からきっちりフォアボールを選ぶあたりはさすがです。桜井選手のセンター前ヒットで、2塁ベースに一旦戻りかけた後、そこからのホームへの激走は、とても怪我をしているとは思えない。いつもながら本当に凄い!

【5番・林威助】 4打数2安打2得点。さすが石井一久キラーの林威助選手!2回裏のライト前ヒットは、スライダーを完璧に捕えた鋭い打球でした!!6回裏の3塁打は、金本選手の珍しい併殺打で
チャンスが潰れた後だっただけに、本当に価値のあるヒットで、しかもそれが決勝点にも繋がって、今日の影のヒーローですね!!

【6番・桜井広大】 2打数1安打1打点1得点。2回のセンター前への先制タイムリーは、石井一久投手の真中に入るスライダーを逃さずに、ナイスバッティングでした!6回の決勝点に繋がる四球も、スライダーを冷静に見逃して、あの選球眼の良さも桜井広大選手の魅力の一つです。

【7番・矢野輝弘】 3打数2安打2打点。今日のヒーロー矢野輝弘選手!最近は調子の良さに加え、ツキもあってまさに絶好調です!2回の打点がついたセカンドゴロも、ピッチャーのグローブに当たらなければ、たぶんゲッツーでしたもんね。6回に打った決勝タイムリーは、遠藤投手の外角いっぱいのスライダーを、まさに執念でセンター前に打ち返した感じでした!

そして、最後の宮出隆自選手から三振を奪った場面。その前に藤川球児投手と何か話してたけど、あれってまさか、わざと矢野選手がウェストの構えをバッターに見せて、球児投手がストライクゾーンに投げるという相談だったのかなー?もしそうだったら、凄い作戦だけど!最後の球は、今日はほとんどストライクを取っていなかったコースだったので、審判も良くストライクを取ってくれました。ちょっとビックリしたのかも^^

【8番・関本健太郎】 3打数1安打。今日も2回に3点目に繋がるヒットを、レフト前に打ってくれました!2アウトからの8番打者の出塁は、次の回を一番バッターから始めるという意味で、とても価値があります。しかも、今日は得点まで入っちゃいました! blog ranking

【先発・杉山直久】 5回4安打5奪三振3失点。2回には自分でも打点を挙げ、4回まではヤクルト打線をノーヒットに抑えるナイスピッチングでした。でも、5回にリグス選手の2塁打をきっかけに、3失点してしまい、勝ち投手の権利が逃げていってしまいました。

結果的には、1アウト1,3塁から川本良平選手に与えた四球が一番余分だったと思います。杉山直久投手の悪い癖でもある、詰めの甘さが見事にでてしまいました・・・。完投能力がある貴重な投手なので、早く本来の調子を取り戻して欲しいです!

【2番手・久保田智之】 2回1安打4奪三振無失点、勝利投手。今日は同点の6回からの登坂。3日投げていないからとの理由らしいけど、相変わらずの酷使振りで、少し心配です。ラミレス選手にいきなりヒットを打たれたものの、後は完璧なピッチングで2イニングをしっかり抑えてくれて、嫌な流れを見事に断ち切ってくれました!今シーズン3勝目おめでとう!!

【3番手・ウィリアムス】 1回0安打2奪三振。1軍復帰後初めての登坂で、休養十分とばかりの見事なピッチング!!ストレートの切れも抜群で、またJFKの快投が見られますね^^

【抑え・藤川球児】 1回1安打2奪三振、27セーブ。先頭打者のガイエルに、打球が大きく弾むアンラッキーな2塁打をいきなり打たれ、いきなり無死2塁のピンチを迎えましたが、やっぱり藤川球児投手は凄かった!まずはリグスを三振。嫌なバッターの宮本慎也選手をショートゴロ。最後は代打の宮出隆自を狙い通り?のストレートで見逃三振に抑え、今シーズン27セーブ目で、球団対記録を達成しました!おめでとう!!

明日も頑張れタイガース!!!

人気野球ブログランキングへ
スポンサーサイト

林威助の1週間(7月24日~29日)

林威助の軌跡

【7月24日(火)対中日ドラゴンズ 8対5(勝利)名古屋ドーム】

■5番ライト林威助 5打数ノーヒット blog ranking

1回表:レフトフライ(山井大介)
4回表:ライトフライ(山井大介)
6回表:サードフライ(山井大介)
8回表:セカンドフライ(平井正史)
9回表:ライトライナー(岩瀬仁紀)

【7月25日(水)対中日ドラゴンズ 8対6(勝利)名古屋ドーム】

■5番ファースト林威助 6打数3安打3打点 blog ranking

1回表:ライト前タイムリー(山本昌)
3回表:空振三振(山本昌)
4回表:ライト前タイムリー(山本昌)
6回表:ライトフライ(クルス)
8回表:空振三振(クルス)
9回表:ライトタイムリー2ベース(平井正史)

【7月26日(木)対中日ドラゴンズ 3対2(勝利)名古屋ドーム】

■5番ファースト林威助 4打数1安打 blog ranking

2回表:セカンドゴロ(川上憲伸)
4回表:センターフライ(川上憲伸)
7回表:センターオーバースリーベース(川上憲伸)
9回表:ショートゴロ(岡本真也)

【7月27日(金)対横浜ベイスターズ 5対2(勝利)甲子園球場】

■5番ライト林威助 4打数1安打 blog ranking

2回裏:見逃三振(三浦大輔)
4回裏:ショートゴロ(三浦大輔)
6回裏:ライト前ヒット(三浦大輔)
7回裏:センターフライ(横山道哉)

【7月28日(土)対横浜ベイスターズ 2対7(敗戦)甲子園球場】

■5番ファースト林威助 5打数2安打1打点 blog ranking

1回裏:ライト前タイムリー(吉見祐治)
3回裏:空振三振(吉見祐治)
5回裏:ライトフライ(横山道哉)
7回裏:センター前ヒット(那須野巧)
9回裏:ライトフライ(加藤武治)

【7月29日(日)対横浜ベイスターズ 9対4(勝利)甲子園球場】

■5番ファースト林威助 4打数ノーヒット blog ranking

2回裏:セカンド併殺打(高崎健太郎)
4回裏:ショートフライ(高崎健太郎)
5回裏:ファーストフライ(高崎健太郎)
7回裏:ライトフライ(秦裕二)

チーム勝敗:5勝1敗
林威助成績:28打数7安打4打点.250

人気野球ブログランキングへ

金本知憲プロフィール

【名前】 金本知憲(かねもとともあき)
【背番号】 6番
【投打】 右投左打
【守備位置】 外野手
【生年月日】 1968年4月3日
【血液型】 O型
【身長・体重】 180cm・88kg
【出身地】 広島県広島市
【推定年俸】 5億5000万円(2007年)
【球歴】 広陵高校⇒東北福祉大⇒広島東洋カープ(1992年ドラフト4位・1992~2002)⇒阪神タイガース(2003~)
【甲子園】 出場経験なし
【画像・壁紙・写真・イラスト】 YAHOO画像検索
【公式サイト・ブログ】 金本知憲公式ホームページ
【トラ番担当記者コラム】 「思いはひとつ、アニキが強気の姿勢でナインを引っ張る」
【応援歌】 鍛えたその身体 あふれる気迫 さぁ ここまで(そーれ むこうへ)ぶち込め ライトスタンドへ
【入場テーマ曲】 Darude「Sandstorm(ヴァンダレイ・シウバテーマ曲)」
【結婚・家族構成】 妻・裕美さん、子供・女の子一人、自宅は兵庫県。 

人気野球ブログランキング

金本知憲来歴】

■1992年・・・広島東洋カープ入団後、2年間は芽が出ず、前田智徳や江藤智などに追い越されていった。当時はまだ非力で、コーチから転がして足を活かせと言われる程だった。

■1995年・・・レギュラーとして活躍し、ベストナインを受賞した。(

■1996年・・・自信初めての3割を達成する。

■1997年・・・2年連続の3割と初の30本塁打をマーク。

■1999年・・・初めて全試合に出場し、4月24日にはサイクルヒットを達成。

■2000年・・・4番打者として活躍し、当時史上7人目となるトリプルスリーを達成した。

■2001年・・・広島の主砲として活躍し、1002打席連続併殺打無しの日本記録を達成した。これは39年ぶりの記録更新だった。

■2002年・・・FA権を行使して阪神タイガースに移籍し、タイガースのぬるま湯体質を変えていった。

■2003年・・・3番打者として活躍し、2番赤星とのコンビで相手をかき回し、阪神タイガースの21年ぶりの優勝に大きく貢献した。日本シリーズでも大活躍したが、日本一にはあと一歩届かなかった。

■2004年・・・岡田監督に代わり、4番として固定され、36歳にして打率、本塁打、打点の3部門で自己新記録を達成し、初のタイトルでもある打点王を獲得した。

■2005年・・・この年も打率、本塁打、打点の3部門でさらに自己新記録を達成し、チームも優勝しシーズンのMVPに選ばれた。また、全球団から本塁打というめずらしい記録も達成している。

■2006年・・・4月9日に金本知憲の代名詞でもある、904試合連続フルイニング出場の世界新記録を達成した。

【金本知憲 タイトル・表彰・記録】(2007年7月31日現在)

■打点王1回(2004)
■MVP1回(2005)
■ベストナイン6回(1995・2000・2001・2004~2006)
■サイクルヒット1回(1999年4月24日)
■トリプルスリー1回(2000)
■連続試合フルイニング出場(1999年7月21日~継続中)世界記録
■1002打席連続無併殺打(2000年5月12日~2001年9月28日)日本記録

【金本知憲エピソード】

■2007年からタバコの禁煙に挑戦しているらしい。2006年には「タバコやめてネ」コンテストでは、禁煙して欲しい有名人で強敵和田アキ子さんを抑えて、見事?1位にランクインした。意外とかなりの喫煙家だったらしい。

■2006年オフには兵庫医科大の大学祭講演会に出演し、「良い年なんで阪神で現役を終えざるを得ません」というコメントを残し、タイガースファンを安心させてくれた。

■プロ野球に入団した当初は、「クビを覚悟していた」と本人が言っていた程なかなか結果がでず、桑田投手のカーブのキレを目の当たりにして自信を喪失したらしい。その悔しさをバネに筋力トレーニングを本格的に始め、長い年月をかけて現在の鋼の肉体を作り上げた。

■2007年は虎バン主義の企画で、甲子園球場の試合でのホームラン1本につき、ハワイ旅行を家族1組にプレゼントしている。

■金本知憲選手にかわいがられている、藤本敦士選手がいたずらのつもりで、金本選手がケチだという噂を流し、応援歌の替え歌で「食事は割り勘金本リボ払い それ行け偽善者金本ケチだ金本」という歌詞がある。

■2007年の春のキャンプでは、花粉症に苦しみ、豪快なくしゃみを連発していた。

■公私混同を嫌う金本選手は、2001年に結婚した時も裕美夫人を写さないことを条件に、取材制限をしていた。

■金本知憲の投げ入れサインボールはヤフーオークションで、かなりの高値がついている。

以上『ウィキペディア(Wikipedia)』参照



金本知憲関連グッズ一覧
金本知憲の真実 改訂版
BBM 阪神タイガース 70周年記念 カード(往年の名選手たちの直筆サインカードが封入)
ベースボールヒーローズカード
金本知憲リストバンド

人気野球ブログランキングへ

シーツ意地の走者一掃で、タイガース大勝!

昨日はタイガースの調子が本物かを占うような大切な試合!勝てば貯金負ければ借金という状況で、2ヶ月振りにJFK全員を温存しての圧勝でした!!4,5,6番以外の活躍で奪った大量得点で、打線もやっと本当の上昇気流に乗っていきそうです!

人気野球ブログランキングへ

【1番・鳥谷敬】3安打3打点3得点1本塁打の大活躍で、最終打席に2ベースを打てばサイクルだったのですが、惜しかったですね。三塁打と本塁打は、力強い素晴らしい打球で、いよいよ本領を発揮してきました!

【2番・赤星憲広】3安打1四球の出塁率10割で、盗塁も1つ決め、やっぱり1,2番がしっかり仕事をすると大量得点に繋がります!5回のタイムリーは流れ的にも貴重な追加点で、ナイスバッティングでした!

【3番・シーツ】 11打席目にして、やっと満塁でのタイムリー!本人が一番ほっとしているでしょうね。これをきっかけに、ぜひ本調子に戻して欲しい!

【4番・金本知憲】 昨日は初回の1安打だけだったけど、たぶん高崎投手が自信を持って投げ込んだ内角高めの速球打ちは、ルーキーをビビらすには十分な一撃でした!

【5番・林威助】 みんなが打たないときに打つのが林君!林君って併殺打が少ないよなー。と思って見ていたら、珍しく打っちゃいましたね・・・。今調べてみたら、今シーズン初めての併殺打みたいです。素晴らしい!!

【6番・桜井広大】 2戦目のミスを取り返そうとちょっと力んだかな?6回の先頭バッターでのフォアボールは、ナイスでした!

【7番・矢野輝弘】 JFK以外の投手陣で勝利できたのは、やっぱり矢野さんのリードが大きいですね!6回の送りバントは、追加点を貪欲に奪いにいき、相手へのダメージが結構大きい作戦なので、きっちり決めるあたりはさすがです!

【8番・関本健太郎】 ついに出ました!今シーズン第一号ホームラン!!守備でも1点差に迫られた5回に、村田のセカンドゴロを見事なダイビングキャッチ!関本選手が本来の調子を取り戻せば、チームの得点力は確実に上がるので、是非頑張って下さい!

庄田隆弘】 5回に代打で出場して、三遊間のヒットはラッキーな感じでしたが、その後に鳥谷選手のライト線への当たりで、1塁から直接ホームインした走塁はお見事!

【先発・ジャン】 腰痛がまだ完全には治っていない状態で、中4日での登坂は、本当に凄いです!1,2回の大ピンチを粘りの投球で凌ぎ、5回を2失点でよくまとめてくれました!!3回のバスターは、紙一重でホームランでしたね^^

【2番手・江草仁貴】 相変わらずの程よい荒れ球で、佐伯・吉村・古木と一発のある打者に対して的を絞らせないナイスピッチングでした!

【3番手・渡辺亮】 個人的には、この渡辺選手が2回を完璧に抑えてくれたのが嬉しかったです!2戦目は本当に厳しい場面での登坂で失敗し、本人も挽回する為に早く投げたかったと思うので、昨日チャンスをもらえたのは良かったです!ベンチが期待しているのが分かるし、経験を積んでいけばどんどん活躍してくれそうな感じがします。

【4番手・筒井和也】 アピールする絶好の場面だったけど、ちょっと残念な結果に終わってしまいました・・・。フォームがいまいち安定していない感じなので、もう一度下でやり直しになるでしょうね。


明日からは甲子園でのヤクルト戦!頑張れタイガース!!

人気野球ブログランキングへ

タイガース7連勝ならず

やっぱり良い事はそう長くは続かないですよね・・・。でも、昨日の試合展開なら、久保田投手と藤川投手が準備する必要は全くなかったと思うので、しっかり休養ができましたね!良かった良かった^^

しかも、首位の巨人も広島に負けたので、ゲーム差は4.5のままなのも良い感じです。ちょうどカープが先制した場面を見ていたのですが、先制タイムリーを打ってくれたのは、何とタイガースから移籍した喜田剛選手ではないですか!元阪神の選手が他のチームで活躍してくれるのは、本当に嬉しいことですよね^^

初回に金本と林の連続タイムリーで、幸先良く始まった昨日の試合も、2回と4回に満塁のチャンスを生かせず、そうなるとやっぱり流れは横浜に向いてしまいます。

先発の岩田君は、適度な荒れ球で4回までなんとか1点に抑えていたのですが、5回2死走者無しから野中のアンラッキーなヒットをきっかけに同点にされ、さらに2死満塁のピンチを作って降板・・・。自分のヒットから作った満塁のチャンスを逃した後だっただけに、その嫌な流れを止めることができませんでしたね。この経験を活かして次こそは初勝利だー!

2番手の渡辺投手は、あの雰囲気で抑えられればかなりの自信になったとは思いますが、まー仕方無いです。でも、大事な場面で起用されたということは、それだけベンチから期待されているということですよね!

昨日は、桜井選手の走塁ミスや守備での危ないプレーなど、反省することもたくさんあったけど、高校野球と違って、またすぐに取り返せるチャンスがあるので、今日の試合でしっかりと挽回して下さい!!

頑張れタイガース!!!

人気野球ブログランキングへ

上園啓史の気迫でタイガース6連勝!貯金1!!

昨日のヒーローは何と言っても上園啓史君でしょう!後でコーチに怒られるかも知れませんが、3回のブロックと5回の足で打球を止めた体を張ったプレーは、気合満点で天晴れでした!!

上園投手は「いい流れがきていたので自分で止めるわけにはいかない。必死にベースに入らないようにブロックした。軽くぶつかったくらい。大丈夫です」言っていたらしく、頼もしい限りです。プロ野球ニュースで谷澤さんが、星野仙一さんを思い出すと言ってました^^

人気野球ブログランキングへ

阪神はルーキー上園啓史、横浜はタイガースの天敵で、しかも30イニング連続無失点中の絶好調男三浦大輔の先発で始まった昨日の試合。

昨日の上園はストレートの切れが抜群で、決め球に使うフォークがとても効果的に決まっていました。5回で7奪三振はナイスピッチングです!

3回表は、1死1,3塁でバッターは東福岡高校の先輩でもある村田修一選手、上園はワンスリーからフォークを2球空振りさせて見事に三振を奪うも、野口の股間をスルリと抜けてしまう。

当然3塁ランナーの仁志がホームを狙い、野口はバックネットから上手く跳ね返ってきたボールを、ホームベースカバーに入った上園に送球する。セーフのタイミングだったが、上園が気迫のブロックでホームを死守しタッチアウト!一瞬怪我がないかとヒヤッとしたけど、大事にいたらなくて良かったです。あれは、なかなか見られないプレーでした。

でも、上園君は5回にもまたまた体を張っちゃいます。横浜相川のピッチャー返しを、サッカー選手張りのトラップで前に落とし、アウトにしてしまいました。基本的にピッチャーがやってはいけないこととされているのですが、あれは本能的に足がでてしまうんですよね。僕も草野球で足を出してしまいます。

三浦大輔も連続無失点中だけあって、なかなか点が取れるような感じではなく、やっと試合が動いたのは5回裏でした。

先頭の桜井広大が、初球の外角へのカーブを、体勢は泳がされながらも痛烈な打球を三塁線に飛ばし、チャンスメークとなる2塁打を放ちます。「気持ちです。スライダーを待ってて、カーブで泳がされたけど、当たりました。三浦さんはほとんど外角で、内角は見せ球。外を待ってました」とのことです。

続く野口が、完璧な送りバントを一球できっちり決め、とても良い感じの攻撃の流れができました。そして、関本がしっかりとボールを見極めてフォアボールを選んで、1死1,3塁の大チャンスを迎えました。

ここで岡田監督は思い切って上園にかえて代打桧山を送り勝負にでます。上園の調子が良かっただけに、この時は正直早いんじゃないかと思いました。試合後に岡田さんが「三浦がよかったですから。ずっと完封して、調子がいいみたいで、そんなにチャンスがないと思ってましたから。上園もボールが当たって弱っていたし、あそこは一気です」とコメントしていて、上園君はやっぱりちょっと痛かったみたいですね。

しかし、代打の桧山進次郎は外角の直球を見逃して三振・・・。続く鳥谷敬はストレートのフォアボールを選んで2死満塁に。この四球は、横浜バッテリーが相談していたことから、納得済みに見えました。次の坂克彦選手の方が、打ち取りやすいと思ったのでしょうね。

この場面で、まさか代打に矢野輝弘選手が出てくるとは思いませんでした。矢野選手本人も準備していた訳ではなかったみたいなので、三浦投手も計算が狂ったでしょうね。

そして、2球目のフォークを上手く捕えた打球は、一塁線に飛んでいき、何とベースに当たるラッキーなライト前ヒットになり、執念で2点を先制しました。これは、上園君の気迫とチームの勢いがボールに乗り移った感じでした。

矢野さんが「あそこで点が取れないと、なかなか点を取れないとチームみんなが感じていた。監督が勝負にいっていたんで、自分も勝負して思いっきり振ろうと思った」と言っていたように、本当に点が入らないと嫌な流れになるところでした。しかも、代打を送られた上園投手にも勝ち投手の権利がついたので、本当に良かったです^^

こうなると今のタイガースは止まりません!続く6回裏には、先頭の金本が2試合連続となるホームランを放つと、林・桜井・野口・関本と続く5連打で2点を追加し、三浦投手をノックアウトしました。調子の悪い時期は、こういった追加点がなかなか取れなかったですよね。

これで5対0になり、本当は久保田と藤川を投げさせることなく勝利できれば、もう完璧だったのですが、なかなか理想どおりにはいきません。7回に4連投2イニング目のダーウィンが、上園投手と東福岡高校で同級生だったという吉村選手に、2ランホームランを打たれ3点差になってしまいます。

昨日の試合でダーウィン投手を2イニング投げさせたということは、たぶんウィリアムス投手と入れ替えで2軍に行ってしまうのでしょうね。でも、4連投は本当にナイスピッチングでした!

そして、結局最後の2イニングは久保田智之と藤川球児が投げる展開になりましたが、2人とも4連投の疲れた体でもしっかりと抑えるナイスピッチングでした!!これで藤川投手は26セーブ目で、中日の岩瀬投手を抜いて単独トップに立ちました!今日と明日は、何とか2人を休ませられる展開で勝って、3連休をプレゼントしてあげて欲しいです。

頑張れタイガース!!カープとスワローズも頑張ってー!

※記事中の選手のコメントはすべてサンスポから引用しています。

人気野球ブログランキングへ

さー今シーズンの始まりです!

今のタイガースは、どんな試合展開でも勝利することができるような粘り強さがあります!昨日も、難敵川上からワンチャンスをものにした見事な逆転勝利で、初めてのナゴヤドーム3連勝、そして遂に借金を完済しました!!3日連続の厳しい試合お疲れ様でした。感動をありがとう^^

人気野球ブログランキングへ

ボーグルソンと川上憲伸の先発で幕を開けた昨日の試合、川上は初回から気合十分の投球で、ボールの切れもコントロールも申し分なしの出来でした。正直打てる感じがしない・・・。

しかし、帰ってきたボーグルソンが、川上の気合に触発されたのか、今シーズン1番の調子で、5回までを3人ずつきっちりと抑えるナイスピッチング!高めに浮いた球で危ない打球を打たれたときに、キャッチャーの矢野に「もっと低くだよね」という事を、ゼスチャーで確認していた場面があったけど、今までにない冷静さを感じました。1.2戦目とは全く違う緊迫した試合展開で、進行スピードも速い速い。

そして、6回裏に遂にゲームが動き、中日の李炳圭に内角高めのストレートをホームランされ1点を先制されます。さらに2アウトから、井端と荒木のコンビで1,2塁のピンチを作られる嫌な展開、しかし続く井上をサードフライに抑えて最小得点の1点で凌ぎました。これが大きかったー!

ベンチ前で円陣を組んで臨んだ7回表、川上に相性の良い先頭シーツがセンター前にはじき返し無死一塁。そして、それまで抑え込まれていた金本が、初球の甘く入ったストレートを逃さず、打った瞬間それと分かる豪快なホームランをライトスタンド上段へ叩き込み、何と3球で逆転し2対1とリードを奪う!!やっぱりアニキは頼りになるし、全く怪我を感じさせない所が本当に凄い。

このホームランだけで終わらないのが、今のタイガースの勢い。林君があともう少しでバックスクーリーンへのホームランという三塁打を放ち、無死3塁に。続く桜井広大のセンターへ抜けようかという打球は、川上の鬼気迫るフィールディングで阻まれるも、矢野がレフトへきっちり犠牲フライを放ち、貴重な追加点が入り3対1に。

逆転してすぐの大切な7回裏は、3連投目のダーウィン。ウッズ・森野・中村紀と一発のある選手が続く打順を、見事3者凡退に抑えてくれるナイスピッチング!今回の3連戦でのダーウィンの活躍は、本当に素晴らしく、緊迫した場面でも大丈夫な事を証明してみせました!これで、ウィリアムズが戻ってきた時に、外国人の誰を2軍に落とすかという嬉しい悩みが増えましたね。

2点リードで残すは2回、後は久保田と藤川でひと安心^^とはいかないのが中日戦。久保田にいつもの切れがなく、李・谷繁・代打立浪の3連打であっという間に1点を返され3対2に。井端が四球で歩き、絶対絶命無死満塁の大ピンチ・・・。久保田に疲れがあるのは当然のことで、失敗したとしても彼を責める人は誰もいないと思うので、後は神に祈るばかりでした。

しかし、開き直った久保田は凄い!嫌らしい荒木を、全部ストレートでセカンドゴロに抑え込み、まずは1アウト。続く井上には、ストレートを必死でファールし粘られるも、最後はスライダーをここしかないという、内角の膝元に落とし空振り三振!!最後の力を振り絞って、本当に良く凌いでくれました。ナイスピッチング!

なおも2死満塁でウッズを迎える場面。解説の小松さんはそのまま久保田で良いと言っていたけど、あそこでの球児へのスイッチは当然ですよね。球児への負担は当然心配だけど、久保田とウッズの相性と、借金返済、名古屋ドーム3連勝など、この試合に勝つことで得られる、計り知れないプラスの要素を考えればあそこまでいって絶対に落とす事はできません。

投手交代の時、久保田は球児が出てくるまで待っていて、すれ違う時に球児に「こら!」って笑いながら言われているように見えました。久保田も「ごめんな」とか「頼むな」みたいな事を言ったんでしょうね。こういったJFKの信頼関係も、厳しい連投にも耐えられる力の一つになっているんでしょうね。何かグッとくるものがありました。

そして、2戦目に続いての球児対ウッズの対決!でも、2戦目とは全く違う緊迫した場面。1球目は真中外よりの直球で空振り。2球目のフォークは引っかかって危うくワイルドピッチになるところでした。3球目は真中へ行ってしまった直球で空振り。4球目は真中外よりのストレートをファール。最後はやっと狙い通り高めの直球が決まり、空振り三振で見事にウッズを撃沈!凄い!!凄すぎる!!!ありがとう球児^^

9回裏は、イニングをまたぐことと、ウッズとの対戦があまりに痺れる場面だったことから、気持ちの面で少し心配したけど、球児にはいらぬ心配でした。進化している球児は、森野・中村の打ち気をあざ笑うかのように、フォーク主体のピッチングで連続三振!最後は、この日当たっていた李炳圭のファールフライを、金本がフェンスを恐れぬスーパーキャッチでゲームセット!!球児も大喜びでしたね^^

本当に全員が一丸となって勝ち取った名古屋ドームでの3連勝(チームは5連勝)は、勢いに乗れるそしてチーム力が確実にアップ出来るような、素晴らしい戦いでした!次の対戦相手の横浜は、三浦大輔をあえてタイガース戦に持ってきたようで、これも厳しい戦いになるとは思いますが、また全員野球で勝利してくれることを信じています!!

頑張れタイガース!!!

人気野球ブログランキングへ

タイガース4連勝で5割まであと一つ!

タイガースが後半戦を連勝スタートです!しかもナゴヤドームでの際どい試合を2試合続けて勝利し、遂に眠っていた虎が動き始めました!

人気野球ブログランキングへ

下柳と山本昌の超ベテラン対決で始まった昨日の試合は、一戦目の終盤の流れをそのまま持ち込んだような点の取り合いで始まりました。

1回表、タイガースは1アウトから、赤星が完璧なセーフティーバントで出塁し、すかさず盗塁を決めて、1アウト2塁。赤星選手は300盗塁達成です!おめでとうございます!!

シーツフォアボールの後、金本が倒れ2アウト1,2塁で、山本昌キラーの林君が痛烈なライト前ヒットを放ち、まずは1点を先制。昨日ノーヒットだった気持ち悪さを、初回でスッキリさせましたね^^まー、林君の1回裏のエラーは勝ったからご愛嬌という事で。あれは、左投げの一塁手がたまにやるエラーで、体の回転の関係なのか、センター方向へ送球がそれてしまうのです。

そして、2アウト1,3塁から桜井がスライダーをしぶとくセンター前に運んで2点目。さらに、矢野のレフトオーバーのタイムリー2ベースでこの回一挙3点を奪いました。インコースを引っ張り込む矢野選手の打球が増えてきたので、もう完全に打撃の調子は戻りましたね!

この3点で、そのまますんなりとはいかないのが中日戦だけど、まさか下柳がすぐに4点も取られるとは思いませんでした・・・。1試合目からちょっと中日にお付き合いしすぎです。これで、またまた長い長い試合の始まりです。

4回表のタイガースは、1アウトから赤星が狭い三遊間を見事に破って出塁し、続くシーツもレフト前、そして全くタイミングの合っていなかった金本が、執念のフォアボールを選び1アウト満塁。ここでまたまた林君が、カーブをバットの先にうまく乗せるライト前ヒットで、まずは同点!なおも1アウト満塁で、桜井がチェンジアップに泳がされながらも、センターにもっていく犠牲フライでタイガース逆転!!5対4に。

しかし、その裏2アウトから井端と荒木のコンビにやられ、すぐに5対5の同点に追いつかれます・・・。でも今のタイガースは何かが違う!5回表に関本がノーアウトから2塁打で出塁し、2アウト3塁になってから赤星が登場。久本の内角高めのストレートを、見事に引っ張り込んだ痛烈なライト前ヒットで3度勝ち越しに成功し6対5!赤星選手は、結局合計4安打で、ヒットの内容も良い感じだし完全復調ですね。

取ったら取られる・・・。喜んだのもつかの間で、またまたすぐ裏にウッズにホームランを浴び、6対6の同点。でも、このシーソーゲームを引き締めてくれたのが、ダーウィン、江草、久保田、藤川のリリーフ陣でした。6回以降は中日をノーヒットに抑えて、阪神の勝利をたぐり寄せてくれました!

ドラゴンズも投手事情が苦しいのか、7回裏の2アウト1,2塁の場面で、それまで2イニング好投していたクルスに代打を出さずにそのまま打たせました。確かにそれまでが完璧なピッチングだったので、難しい判断でしたが、結果的にこれが裏目にでましたね。打席に向かっていた代打を途中で引っ込めたあたりは、めずらしく落合監督の迷いを感じました。クルスはキャッチャー出身なので、あの構えの雰囲気とスイングにはちょっとドキドキしていました。

そして8回表、先頭の金本が四球で出塁し、林君が三振した後、桜井、矢野が連続四球を選び、ノーヒットで1アウト満塁のチャンスが転がりこみました。ここで初戦にヒーローになりそこなった藤本の登場です。

藤本選手は、途中出場すると良いところで打ってくれるんです!初球の外角高速球を力強く振りぬいて、センター前へ値千金のタイムリーヒット!!フォアボールの後の初球は狙い目というけど、やっぱり勇気がいると思うので、藤本選手の集中力と状態の良さが感じられました。そして、今日はきっちりヒーローになりました^^

9回表には、シーツ、金本、林でダメ押しの1点をきっちり奪い、結局毎回の18安打8四球でした。17残塁で危うく日本記録を作ってしまうところでしたが、勝っても反省点があるということは良い事ですよね。

最後を締めくくった球児は、荒木、井上をきっちり抑えた後、ウッズとの対戦では、何か勝負を楽しんでいるようでした。ウッズも2球目を空振りした後、少しにやついているように見えました。

本当にどちらが勝っても良いような厳しい試合を、2連勝できたのは大きいと思います。投手事情が厳しい時に、シーツが復調気配で打線が活発化し、やっとタイガースに流れが来ました!この勢いで今日も勝って一気に借金返済といきましょう!!頑張れタイガース!!!

人気野球ブログランキングへ

不思議な試合

タイガースが天敵岩瀬を打ち崩しての大勝利!後半戦を最高の結果でスタートしました!!それにしても、昨日はとても不思議な試合で、両チームともにミスも出て、最後まで締まりませんでした。ああいった展開は、ドラゴンズが得意とするところなのですが、タイガースが全員野球で見事に勝利し、これでナゴヤドームへの苦手意識も無くなったのではないでしょうか。

タイガースの先発は予想通りジャンで、ドラゴンズは意表をついて?山井が先発でした。1回表に、昨日の試合で遊撃手のフルイニング出場の日本記録を達成した鳥谷が、いきなり2ベースで出塁し、赤星がきっちり送って1アウト3塁。そして問題の3番今岡ですが、初球を力ないキャッチャーファールフライで2アウト。点が入らないと嫌な流れになるところで、やっぱり頼れるアニキ金本が、カーブを狙い打ってのセンター前タイムリーヒットで、幸先よく先制!

しかし、三者凡退の無難な立ち上がりを見せたジャンが、2回裏にノーアウトから2者連続フォアボールをだしていまい、何とか2アウト3塁まで持っていくも、井上のショート内野安打で1対1の同点に。

3回裏は、山井のラッキーヒットとジャンのエラーでまたノーアウト1.2塁になり、続く李のファーストゴロでゲッツーを狙って一塁のカバーに走ったジャンが、腰の違和感で降板してしまう・・・。1アウト1.3塁の大ピンチで緊急登板したダーウィンでピンチ脱出!と思ったら、シーツがまさかのファーストベーススルーで1対2に。

4回表には金本のライト前の打球を井上が後ろにそらし、痛い足での大激走で三塁打にし、1アウト3塁の大チャンス!しかし、林君とシーツが倒れ同点ならず。そして、続く5回表の先頭バッター矢野が、ノーツーからのストレートを狙い撃ちし、レフトスタンドへ弾丸ライナーで放り込んで2対2の同点!

6回裏から登板した江草が、2点を許し2対4になってしまうが、昨日は7回からが本番だった!阪神対中日戦で、7回以降にこれだけ点数が動くのは、本当に珍しい。

まず7回表に先頭シーツが、初球を引っ張り込んで二塁打。矢野のライトフライでシーツが3塁に進み1アウト3塁。代打葛城がフォアボールをきっちり選び、続く関本が詰まりながらも、しぶとくセンターまえに落として3対4の一点差に!

8回表は平井に簡単に2アウトを取られるも、シーツがしっかりボールを見極めて、フォアボールで出塁。そして、矢野のライトオーバーで一気にシーツがホームインし、これで4対4の同点。続く藤本がスライダーを捕え、右中間への2ベースで遂に試合をひっくり返しました!

これで、後は久保田と藤川で逃げ切り!と思いきや、何と久保田が同点に追いつかれて、またまた5対5の同点に。平井と久保田の両方のセットアッパーが失点するのは珍しく、これが最強のストッパー達にも伝染してしまった。

中日は9回表に守護神岩瀬をマウンドに送り、そのままサヨナラ勝ちを狙ったが、昨日のいつもとは違う不思議な試合の流れは、それを許さなかった。

まず、先頭の鳥谷がスライダーにくらいつき、レフト前ヒットで出塁。赤星がきっちり送って、1アウト1塁。ここで、昨日のヒーロー狩野が登場。初対戦で岩瀬への苦手意識がない狩野は、初球のスライダーを見事に狙い打ちし、センター横への値千金のタイムリーツーベースヒット!まさに、ストッパーキラーですね^^

そして、シーツのライトオーバーの2点タイムリーが結果的には本当に大きかった!あのまま1点差だったら、どうなっていたか・・・。それ程昨日は何が起きるか分からないような試合展開でした。

9回裏は3点差で球児なので、さすがにもう大丈夫だろうと思っていたら、ヒット、死球、ヒットであっという間にノーアウト満塁になってしまう。ここで、一軍に上がってきたばかりの代打堂上。立浪がいなくて本当に良かったー!

堂上は昼間のタイガースとの2軍戦で、能見からホームランを打っていたのですが、そこは球児が格の違いを見せながら、細心の注意を払った投球での三振で、やっとほっと一息。最後は、これもあまり見られない荒木のダブルプレーでゲームセット!!

とにかく勝てて良かったー^^昨日の試合は、いろいろなミスをカバーし合い、全員野球で勝ち取った本当に意味のある勝利だったと思います
!今日の試合もこの流れで一気に連勝だー!!

人気野球ブログランキングへ

藤川球児プロフィール

名前・・・・・藤川球児(ふじかわきゅうじ)
背番号・・・・22番(2005年~)92番(2002年~2004年)30番(1998年~2001年)WBC(2006年)は24番
投打・・・・・右投左打
守備・・・・・投手
生年月日・・・1980年7月21日
血液型・・・・O型
身長・・・・・184cm
体重・・・・・83kg
出身地・・・・高知県高知市
推定年俸・・・1億7000万円(2007年)
球歴・・・・・高知商業⇒阪神タイガース(1998年ドラフト1位)

藤川球児エピソード(ウィキペディアを参考にしました)

■球児という名前の由来は、草野球の試合で父親がノーヒットノーランを達成した翌日に生まれたからと言われている。
■プロデビューから球速が10~15km/h以上アップしている。
■1997年夏の甲子園大会では、兄の順一捕手との兄弟バッテリーで出場した。
■あの清原発言に対して「あの発言でストレートをもっと磨かないといけないと思いました。清原さんは僕にアドバイスしてくれたんだと思っています」とコメントして、大人の対応として評価された。
■中学校時代に溺れている人を助けて表彰されたことがあり、「九死に一生スペシャル」というテレビ番組で取り上げられた。
■高知商業では、広末涼子さんと同級生で、入団当初は広末の同級生の藤川でちょっとした話題になった。

藤川球児の主なタイトルと記録

■2005年80試合登坂(シーズン最多登坂日本記録)
■47回2/3連続無失点(阪神タイガース球団記録)
■38試合連続無失点(セリーグ記録。パリーグが不明なので暫定日本記録らしい)
■最優秀中継ぎ投手(2005年・2006年)
■最優秀バッテリー賞(2005年)


藤川球児関連グッズ一覧

藤川球児ベースボールヒーローズカード

人気野球ブログランキングへ

オールスター第一戦

昨日のオールスター第一戦は、オールセリーグが4対0でオールパリーグに勝ちました。MVPは、7回に均衡を破る2ランホームランを放ったヤクルトのラミレス選手です。お約束のパフォーマンスを連発していましたね^^

人気野球ブログランキングへ

タイガースの久保田投手が7回を3人9球で抑えて見事初勝利!今年は本当に頑張ってくれているので、良かったです。まさに「久保田、久保田、雨、久保田」ですもんね。

球児投手もセリーグの9人リレーの大トリを、公約どおりストレート一本で三者凡退に抑える完璧な締めくくりでした!最後の打者が楽天の高須選手だったので、ちょっと3者連続三振とはいきませんでしたね。昨日のリレーで最後を締めたということは、セリーグNo1ストッパーの証ですよね^^

それにしても、ダルビッシュ投手は良いピッチャーになりました。完投能力も抜群だし、速い球が投げれて、しかもあのルックスときたらスター候補ナンバー1の逸材ですね。小笠原選手との対決はなかなか見ごたえがありました!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000025-nks_fl-base

人気野球ブログランキングへ

鳥谷敬プロフィール

名前・・・・・鳥谷敬(とりたにたかし)
背番号・・・・1番
投打・・・・・右投左打
守備・・・・・遊撃手(ショート)
生年月日・・・1981年6月26日
血液型・・・・B型
身長・・・・・179cm
体重・・・・・81kg
出身地・・・・東京
推定年俸・・・7000万円(2007年)
球歴・・・・・聖望学園高⇒早稲田大学⇒阪神タイガース(2003年自由獲得枠)

鳥谷敬エピソード(ウィキペディアを参考にしました)

■甲子園は3年の夏に出場で、初戦敗退。
■大学2年の春に東京六大学の三冠王に輝く。4年秋に2度目の首位打者、ベストナインは5度。
■大学の卒業論文は『打撃時の動作解析』
■「メジャーリーグ・スーパープレー集」が宝物。
■プロ初安打は、2004年4月2日の巨人との開幕戦で、8回にレフト前に打った。
■2005年12月20日に結婚し、2006年9月に長男が誕生した。


鳥谷敬関連グッズ一覧

鳥谷敬ベースボールヒーローズカード

人気野球ブログランキングへ

前半戦を振り返って

前半戦のタイガースは、38勝41敗2分の借金3で首位と6.5ゲーム差でした。当然とても満足できる数字ではないけど、今年のチーム状況から考えると、前半戦の最後でよくここまで盛り返したなと思います。

人気野球ブログランキングへ

前半戦最後に組まれていたのが、中日・巨人・中日・巨人の12連戦というとんでもない日程でしたが、これを7勝3敗で乗り切れたのは本当に大きいですよね。

首位との差が6.5ゲーム差。これは選手もファンもまだまだ優勝の望みを持てるゲーム差だと思います。首位で終わることしか考えていないって、金本選手もよく言ってますけど、プレーオフ制度に大反対な僕としても3位狙いの戦い方だけはやめて欲しいです。

個人的な考えとしては、日本一になるよりペナンとレースでの優勝の方が何倍も価値があって、日本シリーズはそのご褒美のお祭りみたいなものだと思っています。もちろんプレーオフにでれば応援しますけど^^

本当に誤算の多い前半せんでしたけど、反面嬉しい誤算もたくさんありましたよね。まずはなんといっても、林威助選手の台頭ですよね!開幕から我慢強く代打や濱中選手との併用という難しい状況で結果を出し続け、見事にチャンスをものにしてくれました!今日の日本シリーズで林君を見られないのがとても残念です・・・。

そして、林君に引っ張られるように今まで2軍で燻っていた選手達が、次から次へと活躍してくれました。狩野選手の巨人戦でのサヨナラヒットは、鳥肌ものでしたよね!キャッチャーという一筋縄ではいかないポジションなので、いろいろと大変だと思うけど、近い将来タイガース正捕手になって欲しい!あの面構えはかなり良い感じです。

今まで期待され続けてきた、桜井広大選手もやっと一軍でのスタートを切れて、しかも最高の結果も残してくれました!やっぱり、ロッテ戦で大逆転した時に、小林雅投手から打ったライトオーバーのツーベースが自信になったんじゃないかなー。東京ドームでの2日連続の3ランホームランは、本当に素晴らしかったです!後半戦は研究されて打てなくなる時期がくると思うけど、何とか我慢して使い続けて欲しい。

庄田選手、坂選手もチャンスは少ないけど、生き残ろうという必死さが伝わってきますよね。僕としては、赤松選手が一軍にいないのがとても残念です。バッティングに関しては確かに一軍のレベルではないけど、あの走力は絶対に相手にとっての脅威になると思うので。巨人の鈴木選手が試合の終盤に代走で出てこられると、何となく嫌な感じがしませんか?赤松選手もそれだけの走力を持っているので、それを生かさないてはないと思うんだけど。

野手だけでもこれだけの若手?が台頭してきて、こんなことは最近のタイガースではあまり記憶にないです。タイガースの2軍が強いのもうなづけますよね。投手でも中村・小嶋・上園・若竹・岩田・渡辺という楽しみな選手がたくさん出てきました。投手についてはまた次回ということで。

後半戦は、若手の勢いを大切にしたオーダーでスタートを切って欲しいです。前半戦最後の巨人3連戦での、1・3戦目のオーダーはかなり良い感じでした。結果も出たので、たぶんこれを基本線にしてくれるとは思うのですが・・・。

スタメンについての勝手な願望ですが、1番赤星、3番鳥谷、4番金本、5番林、6番桜井は固定して、2番を関本と坂の併用、8番を藤本と坂を併用して、7番をキャッチャーが良いんじゃないかと思います。

若手の勢いがなくなる時は必ず来ると思うので、今岡選手やシーツ選手はそれまでにきっちり調整してもらって、後半戦の大切な時に出てきて欲しいです。

若手とベテランを上手く起用して、新しい力を育てながら優勝できれば最高ですけどね!暗黒の時代に突入することをちょっと覚悟していたのですが、チーム成績は芳しくないながら、タイガースの将来は明るいということを確認できたシーズンなので、後半戦も凄く楽しみです。やっぱりタイガースは最高ですね^^

人気野球ブログランキングへ

桜井広大レギュラー確定弾で巨人に3連勝!

今日の勝ちは本当に大きい!巨人・中日との12番勝負の前半戦、しかもビジターでの6試合を、見事5勝1敗で折り返してくれました。

人気野球ブログランキングへ

12回表で1対1、正直同点でも御の字と思っていました。というか、12回裏の巨人の打順を考えると、この回に点を取らないとちょっとやばいかなーという、マイナス思考でした。

そんな不安を吹き飛ばしてくれた桜井選手の1発は、本当に内容のある素晴らしいホームランですよね!2ナッシングとすぐに追い込まれた後、1球ボールを挟んでシンカーをファールで2球粘り、6球目のシンカーを見事に捕え、左中間にライナーで放り込みました!

桜井選手は本当に今絶好調の状態ですね。もちろん成長したことが前提ですが、あのホームランは追い込まれていたので、決して強振する訳でもなく自然に体が反応していた感じがしました。上原投手からのライト前ヒットといい、追い込まれてからのバッティングにすごく粘りを感じるし、柔軟性と力強さがありますよね。

林君との5,6番コンビは、かなり良い感じだし、二軍で頑張ってきたもの同士で刺激し合えるのではないでしょうか。岡田監督もインタビューで、やっと桜井選手をレギュラーで使う気になったような話もしていたし、右のアンダースローの会田投手から打ったという面でも、アピール度満点の価値あるホームランでした。

今日の試合は、プロ2試合目の登坂で今シーズン初登板の岩田投手でしたが、5回を投げて1失点で次に期待を持たせてくれるピッチングだったと思います。球がちょっと高めに浮いてたけど、右バッターに食い込むスライダーはすごく切れていて、ほとんど詰まっていた感じがします。

ランナーを出しながらも、なかなか一点が遠い展開で、8回表に打ってくれた矢野選手の同点タイムリー2塁打は、本当にナイスバッティングでした。あれは、たぶん内角のストレートを読んでいた打ち方ですよね。まさに読み勝ちです!

昨日と今日の岡田監督の継投は、勝ちへの執念を感じました。ピッチャーへの負担はかなり心配だけど、オールスターまでの戦い方で、今年のタイガースが生き残れるかどうかが決まる、本当に切羽詰った状況なので、なんとか頑張って欲しいです。ベンチの期待に見事に応えているJFKや他のリリーフ陣は、やっぱり12球団で最高ですね!

金本選手の中日戦での走塁に対する激から、何かチームが一丸になったような気がします。ピッチャーも野手も若手が台頭してきて、しかもやっと勝ちの流れがきているので、久しぶりに野球を観るのが楽しいです!この調子でオールスター前に借金を0にできれば最高ですよね!

人気野球ブログランキングへ

前向きな敗戦

逆転サヨナラ勝利!を予感させてくれたけど、野球の神様は最後にヤクルトの味方をしちゃいましたね・・・

野球人気ブログランキングへ

昨日の9回裏の攻撃は、本当にドキドキさせてくれて楽しめました!庄田選手のサードタッチアウトはたしかに痛かったけど、非常に難しい判断であったことは確かだと思います。

あの場合は、バッターの坂選手がストップの指示をださなければいけない場面ですが、ちょっと経験不足がでちゃいましたね。でも、2人とも良い実戦経験ができたと思います。シーツ選手は今打撃は絶不調ですけど、そういう基本的なプレーには忠実なので、若手の選手は学ぶところが多いですね。

庄田選手がベンチで見せてくれたあの悔しそうな顔を、ぜひ次にいかして欲しいし、できれば今日のスタメンで使ってもらいたいです。そして、坂選手のヒットはあの流れの中でよく打てたと思いました。ああいった惜しい当たりの後は、えてして凡退に終わる時が多いんですけどね^^

今日の先発予想は若竹選手だそうですが、それなら桜井・庄田・坂のトリプルSを全員スタメンで起用してみるのも面白いかも。

野球人気ブログランキングへ 

藤本サヨナラヒットで3連勝!

藤本選手のピッチャー強襲ヒットで、交流戦後負け無しの3連勝です!さーここから怒涛の反撃だー!

野球人気ブログランキングへ

昨日の試合、最後に決めたのは藤本選手だったけど、立役者はやっぱり林君と投手陣ですよね!あと、守りも堅かった!

2回表の今岡選手とシーツ選手のファインプレーは、どっちに転ぶか分からないようなジャン投手の調子を良いほうにもっていってくれたと思います。

結局、ピンチをつくりながらも、ジャン投手は7回をラミレスのソロホームランの1点に抑える粘り強いピッチングをしてくれました。

その後を引き継いだ久保田、ウィリアムス、藤川、橋本のリレーは1点も与えることなく、サヨナラ勝利に結び付きました!特に、勝ち投手になった橋本投手は、JFKの後で厳しい状況での登坂だったけど、ピシャ!っと抑えてくれて、本当にナイスピッチングでした!

そして、やっぱり昨日の影のヒーローは、我等が林威助選手です!4回にそれまで打ちあぐねていた、石井一投手から貴重な同点のホームラン!しかも2アウトから!

ファンの気持ちからすると、オールスターの落選は、何で?って感じで、本人も悔しさを隠せなかったみたいだけど、その悔しさをバットにぶつけて3安打猛打賞をやってのけるあたりは、今年の成長をうかがわせてくれます!来年は、ファン投票でオールスターだ!

11回裏のサヨナラ勝利に繋がるライト前ヒットは、本当によく打ってくれました!今シーズンはああいう場面で、よく打ってくれます。交流戦の後半は、疲れからかちょっと調子を落としていたけど、休養できてまた全開モードに近づいてきていますね!

最後に決めてくれた、崖っぷちの藤本選手は、まさに意地の一振り!打球に執念が乗り移ったかのようなもの凄い当たりでした!セカンドに新しく坂克彦選手が台頭してきて、厳しい状況に置かれていることは間違いないけど、やっぱりタイガースには必要な選手なので、頑張って欲しいです!

後半戦は、目先の1勝だけでなく若手をどんどん起用して育てながら、巨人を猛追していって欲しいです!とりあえず、借金をあと5つ早めに返済して、去年の怒涛の追い上げを今年は早めにやって下さい!!

野球人気ブログランキングへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000079-sph-base
人気野球ブログ
最近の記事
RSSフィード
キーワード

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO
  • seo

タイガースroom
自己紹介



名前:まっさん
年齢:32歳
ファン歴:22年
家族:阪神ファンの妻と息子1人
趣味:野球バカ
一言:へたな文章でごめんなさい。

ランキングに参加中です。ぽちっと押してもらえると嬉しいです^^

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。